2005年08月29日

亡国のイージス

20日に見てきました。
期待が大きすぎたのか、なんだか「ふ〜ん( ´_ゝ`)」って感じでした。
脇役のエピソードが多すぎて、なんだか主筋がぼけちゃってるまんま、むりやり話を終わらせちゃったような・・・
寺尾聡の役柄はもちょっとバックボーンを描かないと何だか行動に説得力がなさ過ぎるなぁ。


(以降、ネタバレ含む)

もぅ、真田広之がいつ「この艦(ふね)はお前等の好きにさせない!!!」って織田裕二@ホワイトアウト化しやしないかと気になって気になって(笑)
ちゃんと防衛庁の闇な部分が出てないのが、全体的にぼやけ気味な流れになってしまった原因かなぁ?とも思うのですが、まぁあれだけ「協力」してもらってれば無理な相談なのかなぁ。石○元長官@軍事ヲタ様々だねぇ。
スタッフロールに艦や飛行機、基地の名前がずらずらと出てきたのは軍事ヲタならずとも「ををっ」と感心。

「終戦のローレライ」を読了したらこちらの原作を読んでみたいな、と。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。